LATORRE(ラトーレ)suit(スーツ)の紹介

Mr.Mojoのブログへようこそ!

本日はLATORRE(ラトーレ)の

チョークストライプフランネルスーツをご紹介

Mr.Mojo

明後日の土曜日がハロウィンなんですね!

どうなるんでしょうか!?例年の様に盛り上がる!

ってわけにもいかないでしょうね…

私みたいなおじさんには、全く関係ないんですが(笑)

先日何かのニュースコラムで読んだのですが、

グリーンのブロックチェックシャツが、着れない!!と書いていました。

なぜか!私は気付きませんでした。。。

鬼滅の刃の主人公竈門炭治郎の着ている服の

市松模様に似ているからみたいです(笑)

私には市松模様とブロックチェックは全く違うので、

気付かなかったのですが、見方を変えると一理あるかな。。。

なんて思いました。

私自身鬼滅の刃ブームにも見事乗れていませんので気付かないですよね(笑)

では本題へ

LATORRE(ラトーレ)

イタリア南部のバーリを代表するテーラードブランドLATORRE(ラトーレ)。
1965年、ミケーレ・ラトーレ氏により創立されたファミリー企業。
現在は、ラトーレ4兄弟がファクトリーを運営しています。
地元密着のテーラーは、その技術の高さを認められ多くの著名なグローバルブランドの生産を手掛けるファクトリーとして成長を遂げています。
いまだ地元紳士たちの注文服を手仕事で仕立てており、その伝統に則った確かな技術にて生産される、バーリ名門のレディメイドブランドLATORRE。
イタリア伝統のテーラードスタイルを継承する稀有なブランドです。
LATORRE(ラトーレ)214-81248

落ち着いたダークネイビーと紡毛の感じに、

少しぼやけたチョークストライプが、

本当にいい雰囲気を出しています。

チョークストライプは私個人ですが、

年齢を重ねた方がお召しになられると

すごく雰囲気がでてお若い方には、

立ち居いいうち出来ない味わい深さが感じます。

しかしながらお若い方がお召しになると、

フレッシュで清潔感のあるイメージへと様変わりします。

お召しになる方により全く雰囲気が変わるのも、

ドレススタイルの楽しいところですね。

では着用した写真を…

LATORRE(ラトーレ)214-81248

非常に柔らかくて、素材感の雰囲気良いと思いませんか!?

ラペル幅やゴージの高めで、重厚感がありクラシカルな感じがGood!

LATORRE(ラトーレ)214-81248

パンツは1タックで腰回りが少しだけ、ゆとりがある感覚です。

股上は少し浅めで渡り幅もそこまで太くないので、

ノータックのイメージでお召し頂けるかと思います!

勿論タックは入っていますので、

座っていただいたときにタックの感覚は体感して頂けると思います。

LATORRE(ラトーレ)214-81248

全体的にご覧いただいても、

スッキリとしたシルエットですが存在感はバッチリですね!

是非参考にして頂ければ幸いでございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。